イライラを落ち着かせてくれるのが抑肝散【鎮静作用が期待】

漢方で心を落ち着かせる

手

服用法を守る

漢方の知識を活かして開発された抑肝散は、元々は子供の夜泣きの頻度を減らすために使われていたもので、現在では大人の神経症状の改善に役立てられています。最近になって怒りっぽくなったと感じたり、少しでもイライラしたりすると興奮状態が長時間続いてしまう時に、服用したくなる漢方薬として話題になりました。この抑肝散には副作用が報告されており、原材料の甘草が原因で低カリウム血症が起きてしまい、不整脈や嘔吐などの症状が起きる可能性があります。悪心や嘔吐などの症状が発生してしまうと、漢方の効果で精神状態を落ち着かせるどころか、仕事や家事に集中できない事態になりかねません。この副作用を防ぐためにも、複数の漢方薬を服用する際には、原材料に注意しながら服用を続ける事を推奨します。甘草が原材料に使われている漢方薬を、一日に大量に服用していた事が原因で、低カリウム血症が発生したという人も少なくないです。副作用の発生率を抑えながら、抑肝散の服用を続けたいのであれば、甘草が含まれる他の漢方薬の服用を中断してください。それだけで体調が安定するようになり、心の落ち着きを取り戻せる可能性は十分にあります。安全性に優れる漢方薬として愛されていますから、正しく服用を続ければ何も不安を覚えずに、抑肝散を服用する事が可能です。夜中に8時間は眠っていたいのに、何時間も寝付けない状態が続いたり、眠りが浅いと感じたりするようになったら、抑肝散を服用する事で対処をしてください。不眠症に悩まされている方々は、本人も気付かないうちに興奮状態になってしまい、寝付けない日々を過ごしている場合もあります。抑肝散には全身をリラックスさせる効果も期待できるので、寝付けない事に頭を抱えている方々にも最適です。自身の興奮状態を抑えられない日々を過ごしていると、ホルモンバランスが乱れて更年期障害まで起きてしまう事もありえます。ひょっとしたら自分は更年期障害を患っているかのしれないと感じたら、抑肝散を定期的に服用する事で、心と身体の落ち着きを取り戻してみてください。女性ホルモンの変動が原因で、心と身体に負担をかける状態になってしまった際にも、抑肝散は助けになってくれます。中高年の女性はホルモンバランスが変化しやすくて、健康的な毎日を過ごしているつもりでも、突然に精神状態が乱れてしまう事も珍しくないです。椅子やベッドの上で心と身体を落ち着かせているだけでは、ホルモンバランスの乱れを改善するのは難しいですから、抑肝散を頼ってください。苦味なども気にせずに服用しやすいので、薬は苦手だという人でも服用を続けられます。

Copyright© 2018 イライラを落ち着かせてくれるのが抑肝散【鎮静作用が期待】 All Rights Reserved.